ヨーロッパヤマハ マックススター CUSTOM

ヨーロッパヤマハから発売していたマックススター(現在は絶版車)は、日本国内だと並行輸入という希少車。独特のルックスがシャープでカッコ良く、根強いコアなファンを持つことでも知られている車両だ。 そこに目を付けたカスタムショップ オルガは、エンジンと足まわりをマジェスティ250に変換、また同店得意のワンオフマフラーをはじめとした吸排気のチューニングはもとより、エンジンのパワーアップに伴うブレーキ強化な…

ホンダ フォルツァ CUSTOM

ハードなワンオフカスタムも得意とするオルガが制作したのが、ブラック・パープル・メッキの3ポイントカラーが特徴のこのフォルツァ(MF08型)。持ち前のカラーセンスもさることながら、やはりポイントとなるのはワンオフでは無く市販品でチョイスした足まわりの要“ビッグフット”だ。 このキットはボルトオンで大幅なロンホイが可能な上、四輪ホイールが装着できるようになるというのが最大の魅力。ロングホイールベースは…

スズキ スカイウェイブ CUSTOM

ハードカスタムユーザーにすっかり主流となっている四輪ホイールの装着。一部市販のボルトオンパーツはあるものの、一般的には大幅な加工が伴うウルトラCレベルのカスタムテクニックなのだ。 オルガでは、これをワンオフベースのキット販売(キットにはホイールハブ、スイングアーム部材、インナーディスク、サポート等が含まれる)として展開している。組み合わせたホイールはSSRのSP II-R。そこに通常なら四輪タイヤ…

スズキ ジェンマ CUSTOM

大径15インチの四輪ホイールに、モーターサイクル用タイヤを組み合わせた新たなホイールスワップのカタチを提案しているのが、カスタムショップオルガのジェンマだ。 一般的に、四輪ホイール履きが有利とされるスカイウェイブ(先代のCJ43以前のエンジンを用いる)エンジンだが、それには大幅な加工が伴ってくる。そこに目をつけたオルガでは、エンジンはノーマルのまま(オフセット加工などは必須)、付属のパーツ類を組め…

ヤマハ マグザム CUSTOM

現在のカスタムシーンに一石を投じるであろう、どこかアメリカ的で、ラグジュアリーな趣を持つ、今最も注目したいハイセンスな一台の登場。 ORGA中込さんによると、実際の車両製作に入る前の時点でこのマグザムには、“アメリカンマッスルカーのカルチャーをマグザムに落とし込む”という明確かつ壮大なスケールがあったそう。クルマとバイクの差がある以上、理屈で語れば細かい相違は出てくるのは当然。しかし、ボディカラー…

ホンダ PCX CUSTOM

飲料メーカー大手のグリコ乳業と、スクータートライブ誌の表紙も飾ったことのある有名カスタムショップのオルガがタッグを組み、カスタムショー2012 RAGE会場に持ち込まれた一台のPCX。これまでスクーター業界において、こうした前例がないダブルネームのカスタム車だけに、来場者をはじめ、関係者の視線を釘付けにしたことは言うまでもないはず。 特にこだわったのがエクステリアだ。外装全面には飲むデザート飲料で…